筋トレ母さんのアメリカ滞在記

筋肉大好きなニ児の母、夫の赴任で子連れアメリカ東海岸生活スタートしました。

若く見え過ぎてドン引きされるアレはアジア人の専売特許ではなかった

こんにちは! こないだのブログをFacebookでシェアしたところ、たくさんコメントいただき、その中に「ルッキズムを回避しようとするアメリカでの日常会話は、"自然と"そうなったのではなく、多様な人種や文化が共存する歴史の中でたくさんの議論を通じて"意…

ルッキズム考察続き…容姿にまつわる情報の優先順位の高さ??

こんにちは!いま、次男のtutorが来て学校の宿題を見てくれているんですが、さっき二人に淹れたお茶を、どちらかがこぼして次男のノートパソコンが壊れるのでないかという言いようのない恐怖にかられています。次男にお茶なぞ淹れるのではなかった!奇跡的に…

自分の中のルッキズムの呪いに気づく

新年あけましておめでとうございます!アメリカでは1月2日から普通に学校があるので、「三が日」という概念はなさそうですね…。あと、年の終わりにも始まりにも特に「神聖さ」や「荘厳さ」は感じていないようです。アメリカ人に初日の出のことを説明したけれ…

年齢の呪いが解かれた2019年…体調すこぶる良くありがとうございます

あっという間に2019年が終わりを迎えようとしています。いや、本当にあっという間だったのでびっくりしてます!!今年は、子供たちだけでなく私にも「新しい居場所」ができ、そこで「仲間」ができ、自分の好きなことを再確認し、新しい勉強を始め、好きなア…

マイノリティになることで発見できること

おそらくこれでひとまず終わりになるはずですが、子供の英検受験から自分が感じたことのまとめ記事第三弾です。この記事は単なる英検運営への文句みたいになってしまうかもしれないので、愚痴は早々に終えて、何か少しでも意味のある考察になるといいなあと…

英検の張り紙で考えた自己解決型サービス

こんにちは!英検、子供二人とも合格していました。よかった!来年の初夏にまた受験しにNYに行かなくてはならないと思いますが…。 前回のブログに書いたように、英検の採点基準を通して図らずも外国語学習とは何かを考えさせられたわけですが、実はそれだけ…

英検は日本仕様の英語試験?

ご無沙汰しております!! 先日、子供に英検を受けさせるために家族でNYに行ってきました。 これは英検会場の大学を夫と散策したときの写真 その後夫婦でブロンクスにある植物園に行きました。写真が下手すぎて家の裏の森にしか見えない。 助手席から見た景…