筋トレ母さんのアメリカ滞在記

筋肉大好きなニ児の母、夫の赴任で子連れアメリカ東海岸生活スタートしました。

【スポンサーリンク】

9/28-9/30 一人増えているバーガー屋さん

【スポンサーリンク】

こんにちは!

アメリカついてから最初の日々は絶対にあとで面白いから残しておこう、と思いつつも、本当にじっくり自分の時間を取ることが難しい毎日。

やっぱりね、子どもですわ。子どもらの居場所が決まらないことには、1時間とかのまとまった自分時間を取ることはむずかしい。とか言いつつ、こないだいち早くネイルサロンはちゃっかり行きましたがな…。爪長すぎてキーボード打つのすらストレスだったからー。Wellsfargo銀行でパスワードの再設定するとき、何度やっても2回同じパスワードが打てず、店員のお兄さんが白目むいてたぐらいだからー。

というわけで、スマホのメモをもとに、アメリカ到着翌日からの数日分を思い出せるだけ一気に振り返って書いてみます。

 

9/28 金曜

全員、超早起き。笑  でも時差を考えると悪くない幕開け。このホテルでの初の朝食バイキング。潔いぐらい野菜がない。果物、ヨーグルト、オートミール、シリアル、ワッフル(自分で焼くやつ)、パン、スクランブルエッグ、ソーセージ、サラミ的なやつ、ハンバーガーには入ってるようなうっすい肉パテ。

ホテルには結局10日間ぐらいステイしたが、毎朝ほぼ同じでした。ときどきメロンとベリー類が交代するぐらい。

夫の会社まで家族全員で行く。初メトロ。ホームは暗いが乗った印象は安全。会社のみなさまにご挨拶。待合室的なソファのある個室で子どもたちを待たせてもらい、夫婦で階下にある銀行へ。夫婦共同名義の口座を開設しようとするが、最後の最後でタックスナンバーが必要とか言われ、そんなもんないと言ったら、なぜかなぜか日本のマイナンバーでいいとか言われ、そんなもん今日持ってきてないと言ったら、じゃあ今日は口座をつくれないとか言われて出直しの刑。

これを機に何回も味わうことになるのだが、THE「担当者によって言うことが違う」のパターン。初体験おめでとうございます私!夫の同僚は誰もそんな情報求められなかったというのだが、しょうがない。

お昼は子どもらを連れて近くのフードコートでブリトーとかタコスとか。その後、メリーランドでのおうち探しをしてくれる不動産屋のエージェントTさんと初めてお会いする。Tさんの車に乗っておうち内見の小旅行スタート。

それまでもアプリなどでおうちはかなり見ていたつもりだが、実際に行ってみないとわからないことが圧倒的に多い。周囲の環境、騒音、匂い、床のきしみ、日当り、あと感覚的なことだけど「気持ちがいい」かどうか!

圧倒的に気に入った物件がひとつ。ひとまずそれは保留にして翌日も物件を見せてもらうことに。Tさんがスーパーまで連れていってくれて、そこで水やフルーツなどの買い物をする。夕飯はスーパーで買ったピザ。こんなんばっか食べているが大丈夫か。

 

9/29 土曜

朝からTさん。ホテルまで来てもらい、車にのって家探しの旅。もう一つ、非常に気に入った物件が。子どもたちは圧倒的にそちらが好きだと言う。とりあえず昨日の家とあわせて最終候補を2つに絞った。遅めの昼ご飯をFuddruckersというバーガー屋さんで。エルビスプレスリーの人形がいたり、ビートルズの部屋があったり、オールディーズなテイスト溢れるアメリカンな内装。

その後、タウンハウスと呼ばれる構造の家をふたつ見る。ホテルへ戻って、サラダとスープとパンの簡単な食事。コインランドリーで初めて洗濯をした。洗濯も乾燥もそれぞれ2ドルだが、クオーター(25セント硬貨)しか使えない仕様。洗濯するだけで8枚のクオーターがいる。鬼。ステイ中、しょっちゅうフロントで両替してもらっていた。

 

9/30 日曜

夫が早速会社にプチ勤務。家も決まってないのに大変や!子どもらを連れてベセスダ駅周辺の町へ。なんせまだWi-Fi環境以外でスマホでネットがみれないので、Googleマップが見れない!すべての磁場を狂わせるほどの方向音痴の私には致命的。ホテルに出る前に何度も地図を確認、シミュレーションをしてから出る。行き先はAppleストア。新しいiPhoneを買うためなのだが、日本に一時帰国したときも使えないとダメなので、事前にホテルのWi-Fi環境で製品番号とかかーなーり調べていった。

Appleストアの優しそうな白髪の男性店員に、「絶対に日本でも使えるやつ」を探してきてもらう。一緒に製品番号も確認して、SIMフリーのiPhone8を購入。iPhone10がいかにスムーズに操作できるかをけっこうデモしてもらったのだが、今回は手堅く一つ前の型で。アップルケアも含め現金で一括購入。たぶん日本より安い(きちんと確認できてない)。

帰りに通りがかった米とか麺とかがあるアジアンテイストなお店に入り、子どもらと3人でランチ。みそスープのマシンなどもあってなかなかいい感じだったが、きゅうり嫌いな長男が「このもやしからきゅうりの匂いがする」と主張。「このコーンから変な匂いがする」と次男もそれに乗じて主張。なんか知らんけど食べなれないものに対して厳しい保守派の子ども。早く日本のスタンダードを忘れてほしい。

その後、高校時代の(!!)同級生のAちゃんが車でホテルまで迎えに来てくれる。なんと偶然、私たちが住む予定の町に、Aちゃんも一足先に家族と住んでいたのである(Aちゃんも数年の期間限定)。こちらに来る前にもいろいろ気にかけてくれて、メールで有用情報いっぱい送ってくれて、今日も「どこでも行きたいところいくよー」と車で来てくれたAちゃん。神!!!

お言葉に甘えまくって、まずはT-mobileへ。そこでスマホのキャリア契約。めっさ適当そうな男性店員にあたってしまう。そこからSIMのアクティベートをしてもらう。けっこう時間がかかってAちゃん一家に申し訳なす。そこからSUBARUの代理店へ。気になっていた車を見て、目星をつける。さっき私のスマホと一緒にアクティベートしてもらったはずの次男のスマホがまだ電話ができないこと発覚。もっかい近くのT-mobileによってもらう。別の店員。5分でアクティベートできた。さっきの店員なんなん。

Aちゃんのおうちにお邪魔してゆったり休ませてもらいつつ、いろいろおしゃべり。学校のこと、暮らしのこと、旅行のこと・・・。夕飯時はまた車を出してもらってFive Guysへ。東海岸で展開する人気バーガー店だって。全然知らなかった!自分のメモを見返すと、なぜか毎回Six Guysとメモってあった。一人増えている。