筋トレ母さんのアメリカ滞在記

筋肉大好きなニ児の母、夫の赴任で子連れアメリカ東海岸生活スタートしました。

【スポンサーリンク】

魔法のようにドルが飛んで行ったエピソード前編

【スポンサーリンク】

私は人生を割と雑に乗り切っていたので、「まあ取り返しのつかないことなんてあんまり多くないよ」と思って意味不明な自信とともに生きている節があります。真面目に丁寧に生きている人からすると非常にあかんやつです。

 

が、しかし。アメリカ生活でこの考え方は危険です。取り返しのつかないこと、わりとあります。涙。


アメリカに来てまだ2ヶ月半ですが、おもに金銭面で「やっべ!!!」と顔面蒼白になった事件がすでに4つほどありましたので、これ以上増えて収集つかなくなる前にこちらで報告しておきますね。

 

<4位:車こすり事件>

まーこれはベーシックですね(?)。ピラティスのレッスンの後にあまりにも全身の筋肉を使えた感が気持ちよくて、車に乗り込みながらウッキウキだった私。「ひゃっほー」とかリアルに叫んでいたかもしれません。地下の駐車場で周りに車はいなかったのですが、調子に乗った心持ちのままバックで出るときに、右後ろ(左ハンドルなので運転席の逆側後方)を、駐車場の柱で擦ってしまいました…。

一気に気持ちはゴートゥーヘル。顔面蒼白で家に帰って夫に告白…。新車だのに。ほんのすこしなら放置してもいいかもしれないけど、結構大きな範囲で擦ってしまっていたので、「直したほうがいい」と夫婦で同意。その日のうちにネットで調べて評判の良かった修理屋さんに駆け込み。

チャイニーズアメリカンのファミリーが経営しているお店で、ご両親はあまり英語での会話はできないようだったけど、息子さんは英語ネイティヴ。開口一番、「新車なのにこすってますやん!」と笑われる。そう、まだナンバープレートが仮のものだったので、こないだ買ったことが即バレ。そして「なんでみんなこの部分こするんだろうなー」と不思議がられました。嗚呼、他にもいるのね右お尻こすりドライバー。。

見積もりで420ドルぐらい。ええ、もちろん決して安くはないけれど、予想していたよりも安かったです。なにしろお店の人たちがみんな優しいので、車こすって凹んだブロークンハートには沁みる…。笑われたけどな…。

他の赴任組のお友達にも聞いてみたら、「最初の洗礼だよ〜」「軽くてよかったよ〜」などと優しいお言葉(涙)。まあ、誰かを巻き込んだ事故ではなかったは本当によかったです…。その日から、「わたしは運転が特に下手である」「わたしは調子に乗りやすい性格である」「であるからして、わたしは人の35倍の注意を払う必要がある」などと呪文のように唱えて運転しています。



<3位:歯医者で散財>

なんで歯医者で散財するねん!という話ですが、本当に歯科治療がやばいです。ちなみに夫の会社の医療保険にはもちろん家族で入っていますが、なんと歯科治療に関しては適用外。治療後に会社が用意した特定の領収書に記入してもらい、それを提出したら7割が払い戻しという仕組みです。(け、け、けちやん・・・)

 

かかりつけ医としてお願いするために一度早めに歯医者にいかねばと思っていたけど、なんやかんやで2ヶ月が過ぎてしまった頃。長男が「ちょっと歯が痛い気がする」と。早速、お友達に教えてもらった歯医者に電話してアポ取り。なんと、平日午後の新規患者の受け入れは来年の2月まで空きがないです〜と言われる。

しかし粘ってやりとりしていると、「今週木曜の午後なら1時間だけ空きがある」と。長男の午後の授業を1時間キャンセルしてもらうことになるけど、歯科を優先することに。事前にネット上で問診票を書いて提出。夫の会社に提出するための領収書のフォーマットも事前にメールで送って記入のお願いをした。

みてもらったところ、虫歯ではなく、噛み締めのくせがあってこちら側だけがちょっと違和感がある可能性が高いとのこと。治療する必要は今はないので様子見となった。むしろ別の歯が怪しいので年明け以降でいいのでもっかい来てとなったけど。レントゲンを撮って、歯のお掃除とフッ素塗ってもらって、治療は特になし。そして払った金額が…

 

430ドル
48,465円(12/17現在)以上!!!

 

(はてなブログで絵文字の出し方がわからないけど、ここでドルが盛大に飛んでいく絵文字を出したいところである)


いや7割あとで戻ってくるけど、それでも15,000円以上とか自費だよね?治療もしていないのに?やばい!こわい!アメリカこわい!

これから子供達アメリカでもっかい矯正しようかと話しているし、会社の保険とは別に、自分で歯科の医療保険に入ったほうがいいかもしれない…。ちょっと調べてみます。


と、ここまでで結構恐ろしくなってきたあなたへ、後半もっと、足元スーってなるお金エピソードをお送りいたしますのでお待ちくださいませ!

f:id:kinnikunq:20181218040902j:image

 

動悸息切れを落ち着かせるため、昨日の猫の様子を貼ってお暇いたします…笑笑。