筋トレ母さんのアメリカ滞在記

筋肉大好きなニ児の母、夫の赴任で子連れアメリカ東海岸生活スタートしました。

【スポンサーリンク】

魔法のようにドルが飛んで行ったエピソード後編1

【スポンサーリンク】

こんにちは。筋肉母さんです。ブログ始めた頃と名前が違う気がするけど、気にしないでください…。

 

こないだコリアンマーケットで買ったたい焼き風の何か。懐かしくて買ったけどこれで7ドル。そして味は微妙っした。。

f:id:kinnikunq:20181223005542j:image

 

筋肉母さんという割に、ここ最近あんまりトレーニングできてなくて残念です。ピラティス通うのと、ときどきランニングと、ときどきボールエクササイズぐらい。

でも、褒めて欲しいことがあって、アメリカ来てからもうすぐ3ヶ月、ホテル生活でもダンボール生活でも寝袋生活でも、ほぼ毎日、寝る前の筋トレはやってるんですよーーー!! (ほぼ、というのでやってない日も何日かある。そこは目をつぶってほしい)アメリカ飯が怖いと思ってたけど、お腹むしろ締まったよ。

改めて、筋肉って、どこでも鍛えられるんですね。笑 


そんな筋肉トークはさておき、魔法のようにドルが飛んでいったエピソード後半なんですけどー。なかなかほんとにあいつら(ドル)は飛んでいきやがるので、本当に皆様ご注意ください。私のようなAHOはあまりいないと思いますが…。


<2位>あやうく入れなかったユニバーサルオーランド

今度のクリスマス休暇に、家族でフロリダ旅行に行くことになったですよ。予定組んだのがもう遅かったのでフライトも高いし、車でなんとかいける距離ってことで。とはいえ10時間以上の運転ですけどね。途中下車でどこかで宿泊しつつ。

で、フロリダ・オーランドといえばディズニーワールド、そしてユニバーサルスタジオフロリダ。我が家は夫がディズニー好きですが、子供たちもだいぶ大きくなって、ディズニーのキャラクターとかにはまったく無関心。ユニバーサルのほうがもう少し大きい子向けというのを聞いて、今回はUSF(ユニバーサルスタジオフロリダ)とIOA(アイランズオブアドベンチャー)という、ユニバーサルオーランドリゾートの2大パークのみに行ってみようということに。

チケットとったほうがいいよねと思い、まずネットで検索。Universal Studioのアプリから普通にチケットが買えて、そこに、「プロモーションチケット」っていうお得なチケットがあったんですね。2パーク共通券で2日間。なのに、プラス2日がおまけでついてくる。2日間のチケットで4日間遊べる。え、意味がわからない。え、お得すぎ。

 

ちなみにUniversal Studioのアプリはコレですが、Apple Storeの登録をアメリカ住所にしないとDLできないみたいです。

Universal Orlando®

Universal Orlando®

  • NBCUniversal Media, LLC
  • Travel
  • Free

 

4人の4日分の2パーク共通チケットで、税込で約1,100ドル。もちろん安くはない買い物だけど、expedia等に比べてもこっちのが格安。というわけで、夫とLINEでやりとりして、アプリから購入。

いや〜いい買い物したわーと数日はドヤっていた私。しかし、「そういえばあのチケット、使用日を指定するステップなく買えちゃったけど、ちゃんと12/27に入園できるんかな?」とふと思って、もう一度アプリを開き、買ったチケットの使用日指定をし忘れてないか確認してみた。

チケットには2days + 2days promotion ticket!!! と華々しく書いてある。それをクリックして詳細をみても、このチケットは2パーク共通のもので、さらに2日追加で楽しめます。的なことしかかいてない。さらに「詳細」ボタンがあったので押してみると、小さな文字で長文が。そこに!

Blockout dates apply to this ticket 
とあり、さらにBlockout dateとは12/26-12/31を指すという一文が。

え、え、Blockout datesってブロックアウトされる日のこと?文字通り??とパニクって調べると、やはりその通り。入園できない日!しかもその日程は、まさに行こうとしていた12/27-30まるかぶり!!

「キャンセル不可」「料金払戻し無し」のプロモーションチケットだったので、その瞬間血の気がさーっと引いて、え、先にホテルももう押さえてしまっているし、
13万円を無駄に使ってしまったということですかあああ???

と脳内で叫びながら、Universal Orlandoの問い合わせ窓口にメール。しかし返事が来るまで耐えられず、もう夕方だったけど駄目元でUniversal Orlandoにも電話。

すると、めっちゃ陽気で声のでかいお兄さんが延々とハルクとかミニオンズとかハリーポッターのアトラクションの素晴らしさについて自動音声アナウンスで長々とアピールしてくれて、待ってる間に神経衰弱して限界寸前になる私。

ようやくカスタマーサポートにつながり、泣きそうな声で現状を伝えると、
「チケット払戻しはできないけど、別の種類のチケットに変えることはできますよ」と、あっさり。

つまり、2days + 2daysのはお得なプロモチケットだったから繁忙期の入園はできないけれど、通常チケットに変えたら入園できるというのだ。しかも、4日もいらないから2日でいいと言うと、「あ、じゃあ追加料金はいらず同じ料金のままでOKです」とのこと。よよよ、よかったーーーー!

その後すぐにカスタマーセンターからメールがきて、新しい登録番号をもらった。ユニバーサルにいったらすぐにチケット販売機みたいのでクレカを通してくださいと言われて、それで終わりでした。

へなへなへな〜という感じで体の力がぬけました。安心して。

なんでこんなにテンパったかというと、「後戻りできない系」の体験をホテル予約でやってしまったからです!もう!私って旅行計画ぜったい向いてない!旅行会社につとめなくてよかった!!たくさんの方々の旅行をめちゃくちゃにするところだった!!!


というわけで、プロモーションチケットなるものには注意が必要ですよ、というお話。そもそも、Blockout Datesというコンセプトがあることもしらなかったし、プロモチケットだからいろんな入場制限があるってことも知らなかったし、

あまりに無知。

なのにきちんと詳細まで読み込まずに購入するという
無知ゆえの無謀。

いい子はみんな教訓にしてください。。。

Universal Orlandoのチケットの話だけで精神消耗したので、いちばんやばかったホテル予約の話はまた別記事で…。